ギャンブルから学べるお金についての教訓4つ

ギャンブルは、従来から悪とみなされており、ほとんどのギャンブラーは、ギャンブルによってお金を失い、自分の懐が痛む、と広く言われています。ところが、ギャンブルをプレイすることで、多くの喜びと興奮を得られるほかに、メリットもいくつかあるのです。

その一例として、ギャンブルによって、お金についての多くの貴重な「教訓」を得られることは良いことです。さて以下では、「ギャンブルからお金について学べること」を4つご紹介していきます。 

タダで手に入るものは存在しない

オンラインカジノの登録ボーナスや無料スピンを見ると、タダでお金をもらっているように感じるかもしれませんが、実際にはそんなうまい話ではありません。

じっくりと細かい規則を読んでみると、獲得した賞金を引き出すためには、さまざまな条件を満たす必要があることが分かります。なぜなら、カジノ側は多額の損失をするリスクを避けたいからですが、ユーザーにとっては、お金を引き出そうとして初めて、こうした複雑な条件の存在に気づく場合がほとんどなのです。

現実の世界と同様に、簡単にタダで手に入るお金などありません。ですので、契約書にサインする時や取引をする時には、必ず詳細までよく読んで、条件が良すぎると思われる場合は疑いを持って確認するようにしましょう。 

リスクとリターンの法則

「リスクとリターン」について学ぶには、意外と、カジノゲームが役に立つのです。カジノでは、特に長期的に、低リスクの取引から利益を得る方法について多くのことを学べます。たしかに、ハイリスクな賭けで高額賞金を得られるかもしれませんが、その確率は低いはずです。大穴への賭けでも、通常はカジノ運営側が有利なのです。

逆に、小額の賭けでも、ハウスエッジが低ければ、優良株への長期投資で高いリターンを得られ、長期的には利益をもたらす可能性が高まります。投資と同じようにギャンブルにおいても、ハイリターンの賭けには、リスクが高すぎるものなのです。 

どこでするかが重要

実店舗のカジノでギャンブルをすると、ギャンブルする「場所」の重要性を実感するでしょう。特定の場所のスロットマシンやゲームテーブルは、他のカジノエリアに比べて、オッズが良かったり悪かったりする場合があります。そのため、不便な場所に位置していても、オッズがより良いテーブルを探す価値があります。

例えば、入り口近くのテーブルは、勝てる確率が最も低くなっています。ギャンブルのこうした性質から、賞金獲得の機会が最も高い場所に行くことの重要性が学べます。

お金の管理

 

 

ギャンブルで学べることの中でも最も重要なのは、間違いなく「お金の管理」でしょう。ポーカー等のカジノゲームを続けたいなら、自分の資金を把握して、賢く管理しなければいけません。限度額を設定し、負けが込んだ時には止めることも必要です。

そして、投資や家計の管理も同じです。予算を守り、借金やリスクの高い投資を避ければ、現在も、そして将来も経済的に余裕のある生活を送れます。